ミラーレスカメラを買って後悔したという方は少なくありません。
カメラ好きの方の中には、「チープなカメラだった…」という声も見られます。

ミラーレスカメラの解像度

ミラーレスカメラの多くはフルサイズの一眼レフに比べて解像度が低いです。
マイクロフォーサーズというセンサーを使うミラーレスが多いのですが、フルサイズ一眼レフのセンサーの半分程度のサイズしかありません。

フルサイズ一眼レフ使用者の後悔

一般的には、センサーが大きいほど「ボケがよくなる」「白飛びや黒つぶれしにくい」などのメリットがあります。言いかえると、フルサイズ一眼レフを使っていた方がミラーレスに変えると、やや物足りなく感じるようです。

フルサイズミラーレフ一眼

ミラーレスカメラはセンサーが不十分で後悔する人もいるとお伝えしました。
この問題を解決するのがフルサイズミラーレフ一眼です。

たとえば、sonyからフルサイズのミラーレフ一眼カメラも登場しています。フルサイズでありながらミラーレスといいとこどりの両立を目指したカメラです。

当然、本格的なカメラ好きな方からすると物足りなさを感じるかもしれません。ただし、他のミラーレスと比べてセンサーの質は高いので、後悔する可能性は低くなりそうです。

一式交換するときに価格が高くなる後悔

これまで一眼レフを使っていた方がミラーレスに切り替えるとき、価格が大きな障壁になります。
ご存知の通り、ミラーレスカメラと一眼レフは互換性がありません。

買い替えするのは莫大な費用がかかります。このとき、一気に切り替えるなら出費の面が気になる方がいたり、段階的に切り替えるうちに飽きたりするという意見も見られました。

計画的に買い替える

カメラの機材はひとつひとつ価格が高いです。そのため、ミラーレスに切り替えるときにまとめて買うことができません。

今まではよいレンズがあったから撮影できたのに、ミラーレスに切り替える過程でできなくなるとやる気をなくしてしまうことがあります。そのため、計画的に機材を揃える工夫が必要です。

一眼レフを買取に出す

出費面の課題を解決する方法は一眼レフのカメラを売ることです。特に、高価買取できたらミラーレスへの切り替え時の負担も減ります。ぜひ高価買取できるお店に買取を依頼してください。

フルサイズからの切り替えは熟考が必要

おそらく、「ミラーレスを買って後悔している」と話す方の多くは、フルサイズ一眼レフから切り換えをした方ではないでしょうか?

まったくのカメラ初心者の方からすると、ミラーレスカメラを選んで後悔する可能性は低いように思います。

初心者の方がミラーレスを買って不満に感じることは少ないはずなので、ぜひミラーレスからカメラにチャレンジしてください。